聖人君子にはなれそうにない

煩悩たっぷりなP1の日々感じたいろいろな事について書くブログ

thank you, thank you, thank you

新しい年を今年も家族みんなで迎えられたことは   “めでたい🎉”   事ではあるけれど...

素直には喜ぶことができない。

 

高齢の両親と暮らしている私としては

年々年老い、だんだんと出来なくなる事が増えていく両親を疎ましく思う事もしばしば...

 

そんな時の私の顔はきっと眉間にシワをよせ、随分険しくなっているのであろう。

そして、心の中はblackな思考でいっぱいになっている。

 

“ 子供の頃、両親から言われた嫌な言葉 ”

“ 母が年老いた祖母に言っていた嫌な言葉 ”

当の本人たちはきっと覚えていないだろう言葉。

 

『自分達が散々言っていた言葉を今、そのまま返してあげたい。』

 

と思うblack な私、でも言ってしまったら、

“ あの人達と同じになる ”  

だから

 「絶対に言うものか」

と心に誓う 

 

(今から何十年か過ぎて、今度は私が息子に同じ事を言われないように...でも心の中ではきっとこれからも何百回と呟くのだろう)

 

老いは避けられない。全ての人に平等にやって来る。

新しい年が来た。また一つ歳を重ねる。 

両親も少しでも老いを避けようと努力はしている。それは解っている。

が...

それでも温かい心で全てを受け入れるのは難しいのである。

 

私の同級生で既に親を亡くしている人も少なからずいる。

『親孝行したい時には親は無し』

そう、親も永遠に生きることはない。いつかはいなくなる。

頭ではわかっていても人はなかなか行動に移すことな難しい。

 

私は親孝行と言うより逆に両親から同居して家事全般を担う私に少しくらいの感謝の言葉があってもいいんじゃないかと思う。

(まあ大概眉間にシワを寄せて怖い顔してるから、そんな事言う気にはなれないのは当然ではあるのだが...)

 

まあ私も、少しでも家事を手伝おうとしてくれる両親に素直に『ありがとう』と言えないのだけれど...

 

両親が元気でいるうちに

『温かい心』で両親を見守り

『ありがとう』と感謝の言葉を素直に言える自分になれるといいなと思う。

 

『ありがとう』 :  『blackな心の中の呟き』

= 1:100

くらいになりそうだけれど...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人生3度目の奈良の町

昨日から出張で奈良に滞在している。

出張と言っても、実際は講習会に出席するため

 

今回で人生3度目の奈良の町

1度目は小学校の修学旅行

訪問先は、修学旅行でお約束とも言うべき東大寺鹿せんべいを買って鹿🦌に食べさせた。

 

2度目は6〜7年前、今回と同じ同じ講習会に出席するため

 

今回参加する講習会は前回とは比べ物にならないほど、内容が濃くなっている印象

 

今回は、講習会の開始時と終了時にテストがある。講習会に先駆けて分厚いテキストが送られて来て、講習会の前に予習しておけと言うことなのだと思う。

 

f:id:P1sHaus:20171214213816j:image

 

薬剤耐性菌が増えている反面、新たな抗生物質の開発は先細り...このままでは感染症による死亡率が増加していく由々しき事態に陥ってしまう。

 

ここ1〜2年、カルバペネム耐性菌保菌者が転院してくる割合が目立って増えていると感じている。

 

このテキストの分厚さは、厚生労働省の本気度合いが示されているのだと思う。

 

薬剤耐性菌以外にも、少し前にニュースで話題になったジカ熱や新型インフルエンザなど、人の移動速度がアップしてくる現在、海外からも今まで国内に見られなかったような感染症が流行する事態になっている。

 

水際対策が重要と言うが実際目に見えない相手にどうしたら立ち向かえるのか...????

 

症状が現れるまでの潜伏期間でも感染力は有していたりするから更に厄介だ‼︎

本人も気付かぬ内に他人をも感染させてしまうところが感染症の怖い所である!

 

2020年東京オリンピックには世界中から沢山の人が訪れる。機会があれば観戦したいと思うが、感染症を少しでも避けようと思うなら、

” 人混みに行かないこと! “

 

勿論これで万全では無い。

 

例え人混みを避けても、

例えば蚊が媒介する感染症、ジカ熱、マラリア日本脳炎

お風呂に潜むレジオネラ etc.etc.

有りとあらゆる場所に菌は存在する。

 

感染症を恐れすぎては普通の生活が送れなくなってしまう...。

 

感染症は確か存在する。しかし命を脅かすほどの感染症に罹患する確率はこの日本では多分宝くじの1等を当てるほど低い。」

と勝手に思って普通に生きていくことにする。

 

明日のテストに向けて、少しお勉強しなくては...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

久しぶりに息子とDate

高校生になって部活に目覚め、毎日帰りが夜の8時過ぎの息子

 

休日も友人と出かけたりして、すれ違いの多い日々

 

「だんだんと親から離れ自分の世界を広げて行っているのだなぁ」

 

と息子の成長を嬉しく思う思う反面、

 

「後どれ位一緒に居られるかな...」

 

と思うと、嬉しくもあり寂しくもあり...

 

そんな息子と今日は1日Date💕

 

Dateといってもたわいの無い1日といえばそれまでですが...

 

今週末に頭髪検査がある息子

「髪を切りたい」

と言うのでブランチにラーメンを食べ、一緒に美容院に髪を切り、帰りに食料品の買い物をして一旦家に帰ったものの...

 

このところの冷え込みに、

「学校に来て行く暖かい上着が無い!」

しかも

「毎日同じ服じゃ嫌だから3枚上着が欲しい」

と息子が言う

 

息子の高校は制服が無い。つまり私服通学

 

中学生の頃は制服+ウインドブレーカーで事足りていた。

 

高校1年生のなった息子は暖かい冬用の上着を1枚も持ってない。

今日までパーカーでこの所の寒さに耐え忍んで通学していた。

 

「さすがにこの所の冷え込みは辛かろう...でもアウター3枚は多すぎじゃなぁい????」

 

と思いつつ上着を買いに近くのショッピングモールに行く事にした。

 

出かけるついでに、最近オープンした ” いきなりステーキ“  で早めの夕食を食べてから、買い物をする事にした。

 

( いきなりステーキはオープン当日にチャレンジしたのですが、時間に余裕が無くて長蛇の列を前に断念したのでした。)

 

ショッピングモールでは息子一緒にMen’sのお店を全て見て回ってからどれを買うか考えました。

 

息子は

「試着しなくていいショッピング、サイコー😍」

と言いながら楽しげに服を見て回っていました。

 

pants👖だと試着や丈合わせがmust なので面倒なのでしょう。

 

色々見て回った結果、

息子の思惑通りアウター3着、パーカー1着、インナー1着の計5着購入しました。

 

予定外の出費、母真っ青😱😱😱😱😱

 

「まあアウターは大事に着れば何年も着れるし...」

 

これで今シーズンは服は買う必要は無さそうです。

 

買い物が全て終了したのは夜の8:30過ぎ

「8:30までに終了していれば映画を観よう!」

言っていたのですが、これはこの次に...

 

予定外の出費となりましたが、楽しい1日となりました😍

 

息子に大甘な母です😅

でも息子がダサいのはダメです🙅🏿

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただいま、Hatena Blog!

台風が近づきつつある。

随分と雨音と風音が激しくなってきている。

被害を出すことなく、通り過ぎてくれることを願いながら、

久しぶりにHatenaのブログを更新した。

 

この夏、夏バテならぬsocial media疲れに陥った。

それほど頻繁に記事を更新していた訳ではないが、

”虚”

を感じた。

そのせいでblogやFBからかなり遠ざかっていた。

通知が来てもずっと無視していた。

 

すべて本気で閉鎖しようかもと考えた。

が、また気が変わることもあろうかと今日まで放置していた。

 

 114日ぶりに先ほど記事を更新した。

 

p1shaus.hatenadiary.jp

 

きっかけは、

『 書きたいことができたから 』

まあ、単純な理由

 

 

 

 

「夢or現実?」夢と魔法と冒険の海での不思議な体験

夢と魔法と冒険の海で不思議な体験をした。

 

アメリカンウォーターフロントにあるシアター

本降りの雨の中、傘をさしながら外で小1時間ほど耐え忍んだ後シアターに入って席に着いた。随分前から並んだ甲斐あって前から6列目の席を確保できた。

それから程なくにシアター内は満席になった。

 

暖かい室内、冷え切った体が温まってくると自然と眠気が襲ってきた。

しかし、もう直ぐ開幕

眠気と戦いながら開幕を待っていた。

 

前の席のおかっぱの女の子が背もたれに手をかけ後ろを向きシアター内を見渡している。女の子と目があうと、女の子はこちらに右手を差し出してきた。

小さな手のひらの上には白い正方形の切り餅のような物体が乗っていた。

 

明らかに切り餅でも、ホワイトチョコでもない。

たこともない不思議な物だったので

「何だろう?」

と思いながらその物を見つめていた。

 

「どうぞ!」

と女の子は私にそれをくれる素振りをした。

 

私は前の席のおかっぱの女の子を見たまま、

隣に座っている息子に

「すごく疲れていて眠たい時に幻覚というか幻視を見ることあると思う?」

と聞いてみた。

 

(その時、この会話を周りの人が聞いていたら、絶対おかしな人と思われるであろうと感じながら...)

 

「あるんとちゃう?」

息子からは思いもよらぬ返事が返ってきた。

(「普通ないやろー!?」)

 

「まさかと思うけど、ママの前の席の女の子が後ろ向いて、白い四角い物体をくれようとしているの見えたりしてへん?」

 

(私には女の子が現実でない自覚があった!)

 

そう言って、前の席の女の子から視線を外して隣の息子の方を向いた。

 

「!」

 

今度は後ろからポニーテールの女の子が私と息子の座っている椅子の間の背もたれに両手をかけ身を前に乗り出してステージの方を見ている。

 

その少女の体は透けていて、少女の体の向こうに肘掛に左ひじをかけ寝ている息子の姿が見えた。

 

「これはアカンわ!」

 

そう言って正面を向くとおかっぱの女の子が消えていた。

もう一度息子の方を向くとポニーテールの少女も消えていた。

 

息子は先ほどと同じ姿勢で眠っている。

 

「さっき返事をしたのは一体誰だったんだろう?????」

 

不思議に思っているうちに開演時間になった。

 

 

「夢か現実か?」 

 

夢にしては、あまりにもリアルで

現実にしては、あまりに不思議すぎて

今となっては自分でもどちらかわからなくなっている。

 

この不思議な体験をして数日後、新聞でこのシアターの楽屋で火事があったと読んだ。

火事の原因は記されてなかったが、この少女たちが楽屋でいたずらをしたんじゃないかと密かに思った。

そうだとしたらあまりにも出来過ぎだ!

義父の7回忌、久し振りに京都に行ってきた。

7月4日といえば?

 

「アメリカ🇺🇸の建国記念日❗️」

 

多くの人はそう答えることと思います。

この日は義父の命日でもあります。

" 寂しんぼ" の義父は皆に忘れられないようにこの日を命日に選んだのだと思います。

 

そんな義父の命日が今年もやってきます。早いもので今年は7回忌になります。

 

主人は仕事ので、息子は期末試験で都合が付かず代表して私1人でお参りに行ってきました。

3人分拝んできました。真剣に拝んできました。

実は認知症だった義母が2年前から行方不明になっています。ある日突然姿を消したのです。

「家出なのか????」

「帰り道が解らなくなったのか????」

全く判りません。

勿論警察にも届けました。

事件性が無ければ警察は探してくれないそうです😭

「『義母を見つけて欲しい』と仏様になった義父に頼るしかない‼︎」

そんな気持ちで一生懸命拝んできました。

 

何処かで元気にしていてくれたら良いのですが...。

 

せっかく京都まで行ったので、お参りだけじゃ勿体ないとチョット観光もプラス😅

 

京都国立近代美術館の特別展の『ヴァンクリーフ&アーベル ハイジュエリーと日本の工芸』がずっと前から気になっていて...

思い切って見てきました。

f:id:P1sHaus:20170701214844j:image

 

京都国立近代美術館に到着してすぐカフェで休憩を兼ねて昼食を取りました。

 

夏の京都は暑いと聞いていたのですが、本当に暑い😵

この日の最高気温32度😱

雨上がりのせいで湿度も高いので体感温度それ以上です!

暑いのが苦手な私には相当こたえる😭

しかも清水寺から2年坂、3年坂、八坂神社、円山公園知恩院そして京都国立近代美術館へと徒歩で移動したため到着した時は汗だく💦

クールダウンしないとジュエリーを見る気にもなれませんでした😅

 

そのカフェで見た目に素敵な

"フルーツ一杯のサングリア"

f:id:P1sHaus:20170701223244j:image

f:id:P1sHaus:20170701223011j:image

( 本当にフルーツ一杯です‼︎ )

"スコーン&サンドイッチ"

f:id:P1sHaus:20170701193811j:image

を注文しました。

何せ喉がカラカラで余り食欲はなかったので軽めに...

暑く火照った体によ〜く冷えたサングリアとフルーツがとても美味しく感じました。お代わりが欲しいくらいでした。

 

 特別展は普段庶民は見る事のできないハイジュエリーの展示で素敵でした。

「世の中にはこんなに高価な品を身につける人もいるのだなぁ」

と庶民とはかけ離れた世界にため息しか出ませんでした。

「この宝石ならこんなドレスがいいなぁ」

と考えながら展示物を見ていました。

せめて気持ちだけでもハイソに...

 

 展示物を見終わってもまだ帰りの列車まで時間があったので京都御所にも行ってきました。

少し前から申し込みがいらなくなったと聞いていたので一度行って見たいと思っていたのです。

 

京都国立近代美術館から京都御所まで勿論 "徒歩"

流石に暑さと汗💦と疲れで歩くのが嫌になりそうでした。

 

乗り物に乗らなかった自分を相当後悔😩

 

やっと京都御苑に着いた時には結構ヘトヘトになっていたのに、御苑内は砂利が引いてあるので舗装してある道よりもさらに歩きにくく疲れます。

 

「ヒーヒー」

言いながら歩いている途中キノコ🍄を発見!

疲れを一瞬忘れます。

f:id:P1sHaus:20170701223327j:image

f:id:P1sHaus:20170701223337j:image

 

 食べられるのかなぁ????

 

なんとか御所にたどり着いたらクーラーの効いた休憩所でまず休憩

それから見学開始

f:id:P1sHaus:20170701211944j:image

↑紫宸殿   (すごい青空)

f:id:P1sHaus:20170701212005j:image

↑御池庭

 

見学終わってまた休憩

暑くて休憩しないと体が持たない😵

持っていたお茶も底をつき自販機で冷たいCCレモンを購入するもあまり冷えてなくてガッカリ😔

 

欲を出して御所から近いし

「二条城まで行く⁉︎」

と考えたものの受付時間が16:00終了にちょっと間に合いそうになかったので断念

御所の最寄の地下鉄に乗る誘惑に負けず、四条通りの河原町まで歩き、その辺りをウインドウショッピングするも夕刻なのか人通りが多い。真っ直ぐに進むのも困難な状態。

疲れもピークに達してきて帰ることにした。

 流石に四条通りから京都駅まで歩く元気はなく、地下鉄烏丸駅から電車に乗る。

 

京都駅構内でお土産の八つ橋、お弁当とドリンクを買って帰りの列車に乗りこみました。

 

今日1日で結構な距離を歩いた。

こんなに歩いたの何年ぶりだろうか?

 

 家に帰って、地図と定規📏を取り出して歩いた距離を測って見る。

 

49.8cm

私の地図では1km=4.6cmなので

49.8÷4.6

約10.8km

 

「結構歩いたなぁ」

 

義父の7回忌のお参りのついでに京都を散策しただけなのに...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歓送迎会

今日は半年に一度の歓送迎会だった。

今回は、10年余り一緒に働いた同僚の送迎会でもあった。

その同僚は私よりも10歳以上若い

経営者と考えが違っての退職であるが、

真っ直ぐな彼女の考えも理解できるし、

経営者の立場もある程度理解できる。

「そんな彼女が、外の世界で更に成長してまた帰ってきてくれることを皆が願っている」

そのことを実感できる送別会でありました。

彼女と一緒に仕事をするのもあと1週間

「彼女がいなくなると寂しくなるなぁ」

と思いつつ、旅立つ彼女を明るく送り出したいと思います。